スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

再録、湿地植物

デジ復活!!


ってことでスブタ見つけた日の事を詳しく書いてみる。















まずは市内の標高500ぐらいの湿地帯。







ヒロハイヌノヒゲ

DSCN1667.jpg







この湿地ではかなりの数があります。












サワトウガラシの花

DSCN1669.jpg







これも水中、水上問わずかなりの個体数。















田んぼ脇の水路に群生するマツバイ

DSCN1623.jpg






すっごく綺麗!!













…なんだろう?なんちゃらミズムシだろうけど(←アバウト)

DSCN1673.jpg




キボシチビコツブ?の死体(胴体だけ)もちらほら見かける。












マイコアカネ!!(たぶん!!!)

DSCN1679.jpg




トンボの正解率は極底です。














場所を移動してとある田園地帯






スズメハコベ

DSCN1613.jpg




全国的にかなり不連続に分布してる水草(東南アジアでは普通種)

地域変異も多いらしい。
たぶん史前帰化種だから東南アジアから米が伝わった場所にによって違うのかも












ミズマツバ

DSCN1692.jpg




そこまで珍しくないけど絶滅危惧Ⅱ類

うーん…













最近ちらほら見かけるミズワラビ

DSCN1695.jpg




この辺は大体無農薬の旗が立っているので残ったのかも。













田圃尻のイノシシが掘りまくってぐちゃってる場所。

DSCN1691.jpg




元は小さな池だったのかな?







ヤナギスブタ

DSCN1688.jpg




整備化が進み乾田が増えた今、
ミズオオバコ、スブタ属は急激に数を減らしたそうです。

この辺はわき水が多く、常にじとじとしてるので(いわゆる湿田)偶然残ったのでしょう。









ヤナギスブタの茎

DSCN1687.jpg




日本のスブタ属でヤナギスブタとセトヤナギスブタだけは有茎です。

東南アジアでは有茎のほうがメジャーらしいです。












株数は結構あります。

DSCN1689.jpg





他に福岡ではマルミスブタが一ヶ所、スブタは絶滅。
概知産地のヤナギスブタのどれかはセトヤナギスブタらしいです。


宮崎、大分にはミカワスブタもあるようなので福岡にもないかな~
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

大変勉強になりました!
ミズワラビの黄緑色が大スキになり、
うまそうな名前のスブタもいいですね~

地面からボコボコと田砂が舞い上がり、
そんな所で色々確かにありました。
こういう野草は見つけるとほんとにほっとします。

No title

だんだんと踏み込めない領域になってきた

No title

kazeさん

ミズワラビ、スブタ、確かにどちらもうまそうな名前ですねW

意外と人の手が入った休墾田のほうが何かと植生が良かったりします!
またその内佐賀に出動します。

No title

水草の知識が凄いですね!

植物は苦手分野なので(特に水辺の野草は)色々勉強させてもらっています。

トンボもここは多いのですか?

トンボ、チョウの撮影は難しいですよね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

週末は泊まりでいくぞおおおおおお!!!

イヒヒ

No title

CB御殿さん


ふっふっふ…

まだまだこれからですよ←(?)

No title

DPさん

あんにゃろう、ブンブン飛び回るから撮影苦手です…

上手な人は上手なんですがねぇ~
プロフィール

こぺんた

Author:こぺんた
苦手なのは辛い食べ物とナメクジ


tomokidayoremarkあっとやふー.co.jp


にほんブログ村 観賞魚ブログ 淡水魚へ
にほんブログ村

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。