スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

貝とタナゴとなんかいろいろ

二枚貝でちょっときになる種があったのでGOーりばー




標本用の貝殻探しなんですがついでにガサも…





201202121428000.jpg



ギンブナとコイと多分オオキンブナ。





201202121337000.jpg


多すぎ





201202121750000.jpg





色なしヤリタナゴ…



201202121750001.jpg



ヤリバラ?でっかいバラタナゴかと思いましたw





201202121427000.jpg201202121526000.jpg
201202121535000.jpg


ホザキノフサモ、カワジシャ、ミズハコベ


清流植物なんですがね…





201202121425000.jpg



一番上がドブガイ


下はマツカサガイです。



殻はいっぱい落ちてますが生貝は…



なんか子どもにドブガイたかられて子連れの方が貝探しを手伝ってくれました。












上流に移動


201202121638000.jpg



アブラボテが網に入り出す。



春はもっと上流で採れるのですが移動しているみたいです。




201202121658000.jpg


魚影は無いですがイシガイが多数生息してます。

ココは春はBOTE地獄ですw



201202121743000.jpg




あー夕方だー!!
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

こんばんは。

ヤリですか。いいですね。
埼玉ではヤリですら捕れる場所は限られています…

ミズハコベは、ある場所にはすごいありますよね~

No title

翌日も行ったとは凄い・・・
こっちは標本作製をやっていました。

水槽で飼っているここのヤリタナゴは婚姻色と追星がバリバリにでていて、日々、セボシタビラ・アブラボテと抗争を繰り広げております。
そのせいで、一緒に入れているイトモロコやアリアケギバチがいま一つ落ち着かないようです。

オオキンブナは典型的な個体だと、採集した瞬間に体型や腹鰭・胸鰭・腹部の色でわかるのですが、なかなかそういう個体には巡り合えませんね。
昨年、体長20cmくらいの典型的な成魚を採集しましたが、諸事情で逃がさざるを得ませんでした。
擦れがなくて標本用に良い個体だったんですが残念。




No title

3枚目の画像で、あれっヤリボテかと思いましたが、
4枚目の画像で、エラ蓋上部にバラタナゴ属の
特徴が出ている様な感じですかね?
眼球付近に赤い色が出ていればヤリバラでしょうね(羨ましい)

フサモ生息地は、河川工事で完全消滅してしまい残念です。

No title

二枚目の画像は投網の成果ですか?
凄いですね!

オオキンブナは銛で一度仕留めた事がありますその場所はアユやアマゴのいる渓流と言ってもいいような場所でした

同行者がこんな上流にフナがいるなんて!
と驚いていました

オオキンブナは食べても美味い魚です

No title

TEGOさん


福岡でも自分が住んでいる付近では少ないです。


湧き水水域でコケ類やカワジシャなどと群生している姿はゾクゾクします!!

No title

コンペイトウさん


今年はタナゴ類の繁殖に力を入れようと思っているので…BOTEは勘弁ですがw


背条も15で腹も金色っぽくてギンブナより明らかにちがうのが採れましたが30㎝程あり擦ればかりでした

No title

kazeさん


どちらにしろむちゃくちゃ嬉しかったですw
♂だといいなぁ…


ホザキノフサモよりフサモの方が見かけないですね…
工事で消滅は残念です…

No title

DPさん

銛は海でしかしたこと無いです。
初っぱな一本銛やらされて挫折しましたw(三本銛は普通でした)
ただ鮫が多い…

アマゴがいる川のなら安心して食べる気になりますね!ココの川はドロが臭くて食う気にも…じゃなくてそんな上流にフナがいるんですね!!
プロフィール

こぺんた

Author:こぺんた
苦手なのは辛い食べ物とナメクジ


tomokidayoremarkあっとやふー.co.jp


にほんブログ村 観賞魚ブログ 淡水魚へ
にほんブログ村

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。