スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お勉強しに

23日に九大で標本やらの講演があるのでお勉強してきます。


とりあえず魚類の各標本の作り方と脊椎動物の骨格標本は頭に入ときたいです。

あとは図書館でなんか調べようかな、






あと二枚貝のこと

aoi753.11.11.04 024




ほぼ長期飼育可能で大丈夫だと思います。


理想を語れば…



規模は大きければ大きいほど良く、珪藻培養水槽と飼育水槽の二つを用意し、ポンプで二つの水槽間の水を巡回させる。


高熱費的に日当たりのいいベランダがいいかも、ただ冬は珪藻の生産量が落ちるので室内では蛍光灯を多灯するか
メタルハライドランプ(今はLEDの方が優勢)などで光量を確保


水質がちょっと難しいですが狙いは不安定ながらの弱アルカリ性
底砂を培養水槽→ミネラルサンド、(園芸用で代用可)
   飼育水槽→ソイル、麦飯石、ミネラルサンドのミックス。

水換えも頻度多めに、濾過は水流強めのもの(シャワー式等)を飼育水槽のみに導入。(物理濾過のみ 石炭×)
水流で珪藻をまんべんなく二枚貝に送るため。

あとは各水槽にドジョウを数匹(拡散された珪藻も二枚貝のエサになる)


感覚的には培養水槽→放置
     飼育水槽→底砂は清潔に、ガラス面の珪藻は全面だけこすって水槽内でで絞る。



藍藻には注意!発生した場合は


光を完全に遮断して3日放置(珪藻の回復は速いので大丈夫です)



緑の糸状の苔が生えてくる→やったー水質安定の証拠だね→珪藻消滅。なのでミネラルサンドorソイル追加。




因みにこの水槽微生物の発生が良いらしくトウヨシ、シマヒレ、カワヨシなどが普通に繁殖、成長するw




珪藻はカルシウムが多いので甲殻類の良いエサにもなるし脱皮不全の予防にもなる。






もうちょう低コストで維持できないかいろいろ試してみますわ
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

お勉強しに

23日に九大で標本やらの講演があるのでお勉強してきます。とりあえず魚類の各標本の作り方と脊椎動物の骨格標本は頭に入ときたいです。あとは図書館でなんか調べようかな、あと二...

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

飼育水槽→育苗用土(農協ソイル?)にしてみるわ~

上はミネラルサンドとサンゴ砂でも入れるかね
プロフィール

こぺんた

Author:こぺんた
苦手なのは辛い食べ物とナメクジ


tomokidayoremarkあっとやふー.co.jp


にほんブログ村 観賞魚ブログ 淡水魚へ
にほんブログ村

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。