スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トチカガミ科


トチカガミ科(Hydrocharitaceae)


18属から構成される科で世界中の南から北、海水から淡水まで幅広く分布しています。


近い種にはオモダカが上げられますね。







属一見は



Apalanthe

Apertiella

Blyxa スブタ属

Egeria オオカナダモ属

Elodea コカナダモ属

Enhalusウミショウブ属

Halophila ウミヒルモ属

Hydrilla クロモ属

Hydrocharis トチカガミ属

Lagarosiphon

Limnobium

Maidenia

Najas イバラモ属

Nechamandra

Ottelia ミズオオバコ属

Stratiotes

Thalassia リュウキュウスガモ属

Vallisneria セキショウモ属


以上ですね、日本にも結構種類がいますな!





Apalanthe


英文なので詳しく分からないのですか訂正、種間雑種が入っているので存在が不明。

アクアルートの輸入もないみたいです。



Apertiella


ヒットなし…不明





Blyxa スブタ属



言うまでもなくスブタの仲間です。


スブタとヤナギスブタ
DSCN1699.jpg



ヤナギスブタ
DSCN1687.jpg







Egeria オオカナダモ属


有名なあれです。アクアルートでグレートモスとかも同じ属です。






Elodea コカナダモ属



まぁ、外来さんです。






Enhalusウミショウブ属



熱帯地方の浅瀬とかに生息するヤツです。
日本だと沖縄とか。





Halophila ウミヒルモ属



現在日本で六種確認されてるみたいです。福岡でも一回拾った。(すぐ溶けた)





Hydrilla クロモ属



在来のクロモくんです。





Hydrocharis トチカガミ属



科名のトチカガミです。

DSCN1596[1]





Lagarosiphon


アフリカに分布するタイプです。

形状はクロモとかと変わりませんがクロモが輪生に対してこっちは互生します。

ラガロシフォン・マヨールって名で国内でも流通してます。





Limnobium


俗にアマゾンフロッピ、アマゾントチカガミとか言うヤツです。






Maidenia



東南アジアに広く分布するみたいです。

スギナモとクロモをたして二で割った感じ。





Najas イバラモ属



イバラモです。






Nechamandra



ヤナギスブタの完全水中版って感じ。

何故かブリクサspで出回ってる




Ottelia ミズオオバコ属

ミズオオバコ
aoi753.11.11.04 026

DSCN1609.jpg






Stratiotes


すっごくかわった草で自生地では、夏の間は葉の半分を水面から上に出して生育していますが、冬が近づいてくるとデンプンを葉に蓄積して重くなり、水中に沈み水中で越冬、デンプンを消費した春にはまた水面に出てくるといいます。





Thalassia リュウキュウスガモ属


アマモみたいですけど違います。リュウキュウスガモです。






Vallisneria セキショウモ属

ヒラモ
DSCN1705.jpg


セキショウモ、ヒラモ、コウガイモ、ネジレモ他、海外に多数種有。






以上ですね。日本にない属とか現地で見てみたい!!
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

こぺんた

Author:こぺんた
苦手なのは辛い食べ物とナメクジ


tomokidayoremarkあっとやふー.co.jp


にほんブログ村 観賞魚ブログ 淡水魚へ
にほんブログ村

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。